座骨神経痛について

我慢しても治りません






座骨神経痛座骨神経痛は、腰から出ている身体の中で最も太い座骨神
経の走行に沿って発症し、何らかの原因でこの座骨神経が
圧迫や刺激を受ける事で、痛みやしびれが現れる症状です。
初期段階ではお尻の奥が「何だか変だななぁー」硬くコリ
を感じ強く押したり叩いたりしますが、そのままで無理や
我慢をして続けると、徐々に症状が下の方へ伸びて行き、
太もも付け根・太もも・膝・ふくらはぎやスネ・足の甲や
足の裏・つま先に『しびれ・麻痺・痛み』を感じるように
なります。多くは右か左のどちらか一側に症状が出ますが
希に両側の場合があります。

当院の座骨神経痛の施術は効果的










座骨神経痛の症状

座骨神経痛分布図○座骨神経痛の発症タイプ
 ・前側型
  腰からお尻・太ももの前・膝の前・
  すね
 ・足の甲にかけて痛みやしびれ。
 ・後側型
  腰からお尻・ふとものの後・膝裏・
  ふくらはぎ・足裏にかけて痛みやし
  びれ。
 ・外側型
  腰からお尻・ふとものも外側・すね
  の横にかけて痛みやしびれ。
座骨神経痛 ・複合型
  後側型・前側型・外側型が混合して
  いる。

○出やすい症状
 ・腰・お尻の痛みやコリ・違和感があ
  る。
 ・お尻に違和感を感じ叩きたくなる。
 ・腰を前に曲げたり、後に曲げる事ができず痛みが出たりする。
 ・お尻、太ももの前後と横、ふくらはぎ、すね、つま先の表と裏、痛みや
  しびれ・ 違和感がある。
 ・つま先立ちをしずらい。
 ・足や膝に力が入らず、膝が抜けるように感じる。
 ・歩いていて、平らな場所にも関わらずつまずく。
 ・著しく腰や下肢の柔軟性が低下する。
 ・痛みが強く歩くことができない。
 ・股関節の動きが悪く違和感を感じる。

                                  
座骨神経痛の原因

腰椎分離・すべり症図・腰の椎間板ヘルニア(図.1参照
 椎体と椎体(上記図参照)の間にあ
 る椎間板は、衝撃を和らげるクッシ
 ョンの役割と、腰の曲げ伸ばしがで
 きるようにしています。
 この椎間板は繊維輪という硬い軟骨
 からできた円板状で、その中心に髄
 核といわれるゼリー状のものがあり
 加齢と共に椎間板は弾性は低下して
 いきます。この椎間板が、慢性疲労
 や使いすぎ・ギックリ腰を繰り返す
 腰痛など、腰への過度の負荷により
 椎間板が飛びだす事を言い、腰の4
 番5番(ベルトの梨状筋症候群ライン)の間に最
 も多く現れます。
  
・梨状筋症候群(図.2参照)
 梨状筋はお尻の深いところにあり、
 梨状筋と座骨神経との位置異常や絞
 扼(こうやく)慢性腰痛やギックリ
 腰が慢性化し、梨状筋が座骨神経を
 圧迫や締め付けで起きます。

・脊柱管狭窄症(図.3参照)
 腰部に神経が通る脊柱管があり、先
 天的な変形や狭窄、加齢による変形
 すべり症や分離症、ヘルニアなどの
 原因で脊柱管が狭くなり、そこに通脊柱管狭窄症
 っている座骨神経が圧迫され、痛み
 などの症状が現れます。

腰椎分離・すべり症(図.1参照)
 分離症は、腰椎を構成している一部
 が折れている状態をいいます。
 原因として、先天的なものや子供の
 頃のハードなスポーツの影響で腰へ
 の負担が大きく折れたものと思われ
 ます。また、すべり症は、椎体が前
 方へすべる事をいい、先天的に変形
 や分離症から起きることがあります。

・腫瘍
 良性と悪性があります、年齢は関係なく脊椎や脊髄に発症し、また、他か
 らの転移から発症する場合もあります。
 また、腫瘍からの腰痛は、どんな姿勢でも痛く、夜間や安静時も痛みが強
 いので、早めに病院で検査をして下さい。

腰を支える重要な筋肉・腰を支える筋肉疲労(図.4参照)
 腰を支える筋肉の中で、特に腸腰筋(大
 腰筋、腸骨筋)腰方形筋がとても大きな
 役割をしていて、腰椎と大腿骨に付着し
 主に股関節を屈曲させる働きになります
 が、腰を支え動かす筋肉としてもとても
 重要です。
 この筋肉が使い過ぎや不良姿勢、長時間
 同じ姿勢などで疲労が溜まると、血行不
 良で硬く筋張り、筋力低下で支えられな
 くなり、身体の歪みの原因になり、腰椎
 への負担も大きくなり、椎間板ヘルニア
 から座骨神経を圧迫・刺激し座骨神経痛
 を誘発します。
 腰の関係する疾患では、この腸腰筋(大
 腰筋+腸骨筋)と腰方形筋が大きな原因
 の1つとなります。


座骨神経痛の予防と対策

○原因を改
・椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・脊柱管狭窄症
・腰椎分離、すべり症
・腫瘍
・腰を支える筋肉疲労

まず、座骨神経痛を引き起こしている原因を特定する事が先決で、病院での
レントゲンMRIで診断を受けて下さい。経験的な見地による判断より、より
正確に判断できます。その後の施術を受けて下さい。

○対策と予防
・多くの原因が腰に関係するので、日頃から出来るだけ腰に負担をかけない
 ように常に意識した行動が大切となり『腰痛』を参考にして頂き、生活し
 て下さい。
・ストレッチが効果的で、特に腰から太もも・ふくらはぎのストレッチが効
 果的なので、日頃から習慣的にお風呂上がりなどに行うと効果的です。
 ただし、痛みやしびれが強い時や、前屈・後屈、特に身体を後に反らして
 痛みが出る時には病院で検査をお薦めします。  

                                   
           電話メールでのご予約

   ホーム 診療案内 院長プロフィール 開業の思い 患者様の声 施術料
   良くある質問 アクセス お問い合わせ
メールによる予約問い合わせ