スポーツ障害について

スポーツ障害スポーツ障害は、長期間同じ繰り返
しで継続的にスポーツをに続ける事
により、身体に大きな負荷がかかり
使い過ぎ症候群(オーバーユースシ
ンドローム)により起きる障害を言
います。
競技レベルが高い選手ほど発生頻度
は高くなり、子供から高齢者まで、
使い過ぎれば老若男女関係なく起き
ますので、故障しないようスポーツ
障害を十分に理解し、スポーツを行
って下さい。
スポーツ外傷は、突発的な状況で発
生するもので、足首の捻挫、肩の脱
臼、骨折、肉離れ、打撲などです。
当院は特に、スポーツ障害を重視し
施術を行っています。

腰痛座骨神経痛ギックリ腰膝痛首肩コリ慢性疲労
『足底筋(腱)膜炎、アキレス腱痛、シンスプリント、疲労骨折』はこちら
『腸脛靱帯炎、鵞足炎、膝蓋靱帯炎、膝に水、座骨結節痛、梨状筋症候群、
 慢性疲労症候群』はこちら


野球肩

◆スポーツ障害(野球肩)野球肩
多くは使い過ぎ、慢性疲労で発生する事が多く、
フォーム改造、ポジション変更、ウォーミングア
ップ不足などでも発症します。

腸?靱帯炎症状
・肩関節の前面部や後面部に痛みや違和感を感
 全力で投げる事以外は制限されない。
・発症側の前腕・上腕(腕)、肩周り、背中、
 首などの筋肉が、疲労による血行不良から、筋肉のコリや張り、疲労感を
 感じる。

予防と対策
・トレーニング量を少なくする、もしくは休養し、痛みのある箇所への修復
 再生回復時間を与える。(投球数を制限など)
・トレーニング計画をしっかり立て、頑張る日休養日と強弱を付け、疲労回
 復時間を与える事が、故障の予防で最も大切になります。
・ウォーミングアップやストレッチをしっかり行う。(特に冬場)
・過去に傷めた事や違和感を感じてる時には、ホッカイロを貼り、温めてト
 レーニングを行う(冬場)
・筋力アップに筋トレを行う。

当院では、患部に関係する筋肉の改善は勿論のこと、全身の筋肉チックとバ
ランス確認し、関連する筋肉を鍼灸・スポーツマッサージ施術でしっかりほ
ぐし、改善回復をさせます。


◆スポーツ障害(水泳肩
水泳肩使い過ぎ、慢性疲労から発生する事が多く、肩関
節に大きな負担がかかり、痛みが発症します。 

腸?靱帯炎症状
・入水からプル動作、リカバリーまで痛みを感じ
 る。
・腕、肩周り、背中、首、腰の筋肉に疲労感があり、コリや張り、重だるさ
 などを感じる。

予防と対策
・トレーニング計画をしっかり立て、頑張る日休養日と強弱を付け、疲労回
 復時間を与える事が故障の予防で最も大切となります。
・トレーニング量を少なくする、もしくは休養し、痛みのある箇所への修復
 再生回復時間を与える。
・ウォーミングアップをしっかり行う。
・正しいストレッチで、正確に効果的に行う。
・筋力アップに正しく筋トレを行う。


◆スポーツ障害(インピジメント症候群)
野球や水泳・テニス、バレーボールなどで、腕を反復的に大きく動かし、使
い過ぎで酷使すると、摩擦などで部分的に切れたり挟まったり、ある角度だ
けに良く痛みがでます。肩の関節には、動きを滑らかにする滑液包という袋
状のものと、幾つかの筋肉の中で特に棘下筋(きょっかきん)の腱板が損傷
を受けやすい。

症状
インピジメント症候群・インピジメント症候群(ある角度に痛みます。)
・腕を動かすと、引っかかりやきしむ感、こわば
 りなど違和感があります。
・筋力の低下
・初期段階であれば、休息による安静で回復しま
 すが、運動を再開し再発することも多く、慢性
 化しやすく進行すると断裂が起きます。

予防と対策
・トレーニング計画をしっかり立て、頑張る日休養日と強弱を付け、疲労回
 復時間を与える事が故障の予防で最も大切となります。
・トレーニング量を少なくする、もしくは休養し、痛みのある箇所への修復
 再生回復時間を与える。
・ウォーミングアップをしっかり行う。
・正しいストレッチで、正確に効果的に行う。
・筋力アップに正しく筋トレを行う。


肘関節の痛み   
◆スポーツ障害(野球肘
野球肘は、小・中・高生、成人にも見られ、投球動作を反復的に行い、長期
にわたり酷使することで慢性疲労や過度の伸展により、靱帯や腱、軟骨が損
傷し肘に痛みがでます。
特にピッチャーに多く発症し、無理なフォームや過度な投球で肘に強い痛み
を発症します。

症状
肘の内側外側の痛み
・肘の内側、外側、全体が痛む、大きく三種類。
・投球のリリース時に肘が痛む。
・肘の腫れや圧痛がある。
・肘の曲げ伸ばしがしづらく痛み、完全に曲げら
 れず、伸ばせない。
・肘を動かすと内部で音がする。

がそくえん予防と対策
・トレーニング量を少なくし休養する事で、修復
 再生回復時間を与える。
・ウォーミングアップをしっかり行う。
・負担の少なくなるフォームの改造。
・トレーニング後にアイシングを行う。
・指、手首、肘から下の筋肉、肘から上の筋肉、
 肩、背中などのストレッチを入念に行う。

◆スポーツ障害(テニステニス肘
テニス肘は、ストロークの繰り返し動作による使
い過ぎにより、慢性疲労や過度の伸展により、フ
ォアハンドで肘の内側、バックハンドで外側に痛
みを発症し、ボールがラケットに当たる衝撃も影
響があります。

症状
・ストローク時に、肘の内側や外側に痛みを感じる。
・タオルを絞る・ドアノブを回す動作で、同じ場所に痛みがでる。

予防と対策
・トレーニング計画をしっかり立て、頑張る日休養日と強弱を付け、疲労回
 復時間を与える事が故障の予防で最も大切となります。
・トレーニング量を少なくし休養する事で、痛みのある箇所への修復再生回
 復時間を与える。
・ウォーミングアップをしっかり行う。
・正しい前腕のストレッチで、正確に効果的に行う。
・筋力アップに正しく筋トレを行う。
・ラケットのガットを緩めにして衝撃を和らげる。
・負担の少なくなるフォームの改造やラケットの選択。
・トレーニング後にアイシングを行う。
       


           電話メールでのご予約

   ホーム 診療案内 院長プロフィール 開業の思い 患者様の声 施術料
   良くある質問 アクセス お問い合わせ

メールによる予約問い合わせ