ランニング障害

◇膝の外側に痛み(腸脛靱帯炎)
◇膝の内側の痛み(鵞足炎(がそく))
◇膝のお皿の下の痛み(膝蓋靱帯炎、ジャンパー膝)
◇膝に水が溜まる
◇腰の痛み
腰痛
◇腰からお尻太ももの痛み座骨神経痛
◇殿部下の痛み(座骨結節痛)
◇殿部の痛み(梨状筋症候群)
◇全身疲労
慢性疲労症候群



腸ケイ靱帯炎


腸ケイ靱帯炎この腸脛靱帯は、膝の外側の脛骨と腰の腸骨とを結ぶ
もので膝を安定させています。
ランニングにるオーバーワークで、腸脛靱帯や大腿筋
膜腸筋が慢性疲労で硬くなることで張力が強くなり、
曲げ伸ばしで大腿骨と摩擦が強くなり痛みでます。

症状として、膝の外側に曲げ伸ばしや、押すと痛みが
出て、ランニング中にズキズキ痛み、悪化すると曲げ
伸ばしが困難になる。

頑張り過ぎによるもの・知らず知らず慢性疲労に陥り
痛みが発生・痛みがあるけど我慢し続けその内に治る
と思っているいるなどで、やがて痛みは増幅してきて
走れなくなる程に痛くなります。

腸ケイ靱帯炎の予防対策


○痛みがあり我慢し続けて走っているランナーは、トレーニング量を少なく
 する、もしくは中止しする。
○道路の端や上り下りの走路でのトレーニングは避ける。
○熱感や腫れがる場合にはアイシングが必要です。
○太もも外側・後側・前側・股関節・臀部・腰などのストレッチを入念に行
 う。

当院では、患部に関係する筋肉の改善は勿論のこと、その患部を生む他の筋肉などを探り改善させる、全身の筋肉チックとバランス確認し身体全体を改善します。
また、症状の回復を診ながら、ウォーキング、速歩、ゆっくりジョギング、
ランニングと段階的にアドバイスと指示をし、確実に回復させ復活まで責任
を持って施術を行います。  



がそくえん


が足炎の写真
この障害は、腸脛靱帯炎は外側に対し、膝の内側に障
害が発生し、太もも裏にある縫工筋、半腱様筋、薄筋
が、走り過ぎによる疲労で張力が高まり、引っ張られ
すねの骨の内側(脛骨)とこすれ摩擦が生じ痛みます。

症状としては、膝の内側が、腫れや痛み、押すと痛む
曲げると痛む、ランニング中にズキズキと痛むなど。



鵞足炎対策

・太もも裏の筋肉(縫工筋、半腱様筋、薄筋)の疲労から血行不良になり、
 筋肉が硬く柔軟性が低下しているので、筋肉をほぐし血行改善し、患部に
 痛みがでなければストレッチが必要です。
・オーバーワークにならないように、トレーニング計画をしっかり立て、疲
 労回復の為の入浴やストレッチ・定期的なマッサージなど行い、常に疲労
 の少ない体調を維持して下さい。また、過去に故障経験がある方は、予防
 にトレーニング後のアイシングが効果的です。



膝蓋靱帯炎


膝蓋靱帯炎この障害は、走り過ぎが主な原因となり、ランニン
グ動作による膝の伸展運動で負担が大きくなり、膝
蓋骨(お皿)の下になる膝蓋靱帯に障害が多く出ま
す。また、ランニング時の着地時に、衝撃を吸収緩
和させます。
多くの原因が走り過ぎですが、ランニングフォーム
やふともも前の大腿四頭筋の疲労による筋力低下、
半月板損傷や変形性膝関節症などが原因の場合があ
ります。膝蓋靱帯炎は、ジャンパー膝とも言います。

症状としては、ランニング中やランニング後に痛み
膝蓋靱帯の外側の腫れや熱感がある。
うつ伏せになり、膝をお尻の方へ曲げると、お尻が上がる尻上がり現象がある場合には、大腿四頭筋の慢性疲労から筋肉が硬くコリがある為に、四頭筋
が緊張し伸びにくいので引っ張られお尻が上がります。
この尻上がり検査で上がる場合には、膝蓋靱帯炎の原因の一つになります。


膝蓋靱帯炎の対策

・慢性的な疲労を残さない為の、計画的なトレーニングで走り過ぎず、休養
 をしっかり取る。
・古くクッション性の低くなったシューズや硬いアスファルトのみの走路は
 出来るだけ控える。
・大腿四頭筋と裏側になる大腿二頭筋の入念なストレッチと筋力強化
・トレーニング後のアイシング
・ずっと我慢せず早めに施術が必要で、早いほど回復も早いです。



膝に水が溜まる


膝に水がたまるランナーでは、走りすぎにより膝への負担が大きく
なったり、着地時の衝撃吸収率が低下することで、
軟骨や半月板が損傷し水が溜まります。
膝関節は、骨と骨がぶつからないよに、関節軟骨の
半月板があり、その関節を覆うように包む袋を関節
包といいます。この関節包の内側に滑膜があり、膝
関節がスムーズに動くように、潤滑油と軟骨細胞の
栄養の役割をするものが滑液で、一定量分泌され、
とても重要な役割をしています。
この滑液のことを一般的に水と呼び、水が溜まった
と良く言われています。この軟骨や半月板が損傷す
ると、修復再生のために滑膜の中に滑液が更に溜まり、吸収されない滑液が
一定量を超え腫れ、腫れることで内圧が高まり痛みがでてきます。
「水を抜いて楽になったけど直ぐに腫れが戻った」と、よく耳にしますが、
水を抜く事は一時的に滑液が少なくなるので楽になります。でも、また一定
量以上になると痛みが出てきます。これは一時的な対策に過ぎず根本的な対
策が必要です。

症状として、スピードを上げて走ると着した衝撃で痛みがあり、明らかに反
対側に比べて腫れていて、痛みや熱感があります。
また、階段の上り下りが痛く、正座が出来ず、膝に力が入りにくく不安定感があります。


関節水腫の対策

・大半が初めは軽かったけど徐々に痛みが強くなり水が溜まった方が多いの
 で、先ずはトレーニングを中止し、再生回復時間を与えて下さい。
 膝痛は、回復に時間がかかるので、少し変だなと思った時にはトレーニン
 グを中止、少し休養すれば回復は早いです。
 我慢すればするほど悪化し、回復に数ヶ月の時間が必要になります。
・身体の持つ衝撃吸収力を上げるために、足の筋肉の疲れを取り除き、吸収
 率を高める必要があり、特に太ももの前の筋肉は、筋張って凝って硬くな
 っている場合が多いので、しっかりほぐさなければいけません。
・着地時の衝撃吸収率を上げるために、古くなったシューズは履かない。
・トレーニングに頑張る日と休養日をはっきりさせ、走り過ぎない。
・太ももの前の筋肉の強化
   

  

座骨結節痛


座骨結節痛座骨結節はイスに座った時に座面触れる一番下にな
る骨を座骨といい、その座骨に太もも裏にある大腿
二頭筋、半腱様筋、半膜様筋が付着していて、この
付着部の痛みが座骨結節痛となります。
ここの痛みは、ランニングによる急激なダッシュや
長い時間の反復動作により、太もも裏の筋肉が疲労
し、乳酸が蓄積する事で筋肉が硬くなり、この筋肉の付着部、座骨結節に大きな負担がかかり痛みがを
発症します。
この症状は、ランナーで起きやすいく、整形外科に
行ったけど分かって貰えないなど、悩んでいるラン
ナーはとても多いです。

症状として、ランニングで座骨結節部に痛みを感
じ、スピードを上げて走ると更に痛みを増し、また、イスに座った時に、座
面部の座骨が痛む・太もも裏をストレッチすると患部が痛むなど。


座骨結節痛の予防

・この症状もやはり頑張り過ぎ、走り過ぎが大きな原因なので、トレーニン
 グ計画と休養をしっかりとり、疲労を溜めないように体調管理をする。
・急激なダッシュでは患部に大きな負担をかけるので、太もも裏の筋肉の動
 きがスムーズなるように、入念なウォーミングアップとストレッチが必要
 です。
・違和感を患部に感じたましたら、我慢をせず早めの受診で、早期に回復が
 出来ますが、我慢、我慢で走り悪化させると、回復に数ヶ月かかる場合があります。


                                       
梨状筋症候群


梨状筋症候群梨状筋は、お尻の深いところにあり、座骨神経が近
くにあり、ランニングにより梨状筋と座骨神経が摩
擦や締め付けで神経炎が生じ、座骨神経の走行に沿
って発症する座骨神経痛の疾患です。ただ、椎間板
ヘルニアと同じ症状なので画像診断などでの鑑別が必要です。梨状筋症候群は、骨には異常はありませ
ん。

症状として、お尻から太もも、ふくらはぎにかけて
の後側、横、前側にしびれや痛みが出て来ます。
また、ランニング中、お尻が重だるくコリを感じ、
こぶしで叩いている。
日頃からお尻が気になり、ゴリゴリと硬く筋張った
感じがあり、ランニング中患部のお尻の汗を掻く量
が少ない。



梨状筋症候群の予防

この疾患も、オーバーワークによる走り過ぎ頑張り過ぎの場合が多く、患部の梨状筋に疲労が溜まり硬くなってくるので、疲労を溜めないようにトレーニング管理と休養はしっかり取ることが大切です。
また、地道なストレッチやメンテナンスの鍼やマッサージ施術はとても効果的になるので、日頃から疲れのない身体でトレーニングを心がけましょう。



慢性疲労


この慢性疲労は、潜在的に自身が気づかず知らず知らず陥り易く、痛みがあ
るわけではないので、自身で判断できない厄介な疾患かも知れません。
この症状は、大会に出ても結果が出ない、トレーニングで頑張っているけど
結果が出ないなどの不調に陥り、中には結果が出ないので、練習が足りない
からともっと練習量を増やすランナーもいましたが、これは大きな勘違いで
す。ますます深みにはまっていく悪循環です。
どんなに頑張っても調子が上がらない、練習は出来ているのに結果が出ない
などでお悩みの方は、慢性疲労症候群と疑って下さい。
そして、勇気を出して休養が一番の近道です。

症状としては、
○頑張っても頑張っても以前のように走れず身体が重い。
○休んでも疲れが取れない。
○楽しい筈のランニングが楽しくない。
○身体が熱っぽく、頭痛やめまい、倦怠感がある。
○睡眠が浅く目覚めが悪い。
○食欲が落ち体重が減ってきた。
○血液検査で貧血気味で肝機能も低下している。


慢性疲労症候群

「大会が近々あるから、苦労してやっと抽選に当選したから、休むと今迄頑
張って作ってきたスタミナやスピードが落ちてしまいそうで心配」など、色
々な事情や不安も十分理解できます。でも、今の状態ではあなたはこの不調
から抜け出せません。
この状況から脱出するには、今迄頑張って来た、頑張って貰った身体に慢性
的に溜まった疲労を取り除かなければいけません。あなたが思っている以上に身体は疲れてます。

ずっと身体に頑張って貰い、身体を酷使して楽しみや喜びを手に入れてきました。時には、これから先のことも考え息抜きも必要です。休める丁度いい
チャンスだと思って下さい。これは故障した時も同じです。

一番気がかりで心配されている「スタミナやスピード」の事ですが、安心し
て下さい。必ずスタミナ・スピードは復活します。
これから先ずっと走り続けたいのであれば、休みはほんの僅かな時間です。
低下したスタミナやスピードは、一時的な低下に過ぎず、再開すればそんな
に時間かからず復帰できます。そして、休むことで疲労が抜け、リフレッシ
ュされた元気な身体が戻ってきます。

より効果的により早く疲労回復させるには、鍼やスポーツマッサージ、全身
の疲労回復に非常に効果的です。また、休むと言っても、完全休養でもいい
ですが、より効果的な方法は、少し汗を掻く程度にずっと日頃の練習量を少
なくし、日頃よりずっとゆっくりしたペースでも構いません。
ここで大切な事は、走る距離とペースです。

当院では、ランナーの方の最近の大会結果やトレーニングでの調子、体調な
どの状況をしっかりお聞きし、全身の疲労状況を経験から的確に判断、施術
を行い、溜まりに溜まった疲労を取り除きます。勿論、復活までのプログラ
ムはしっかりお教えします。
疲労から復活した多くのランナーの方が、自己ベストや大会での好成績を出
し、また楽しく走っている方が多くのアドバイスを受け、より楽しく走れる
ようになり、大変喜んで頂いていますので、是非ご連絡お待ちしています。




ランニング障害
キャンペーン           

電話メールでのご予約

   ホーム 診療案内 院長プロフィール 開業の思い 患者様の声 施術料
   良くある質問 アクセス お問い合わせ
googlemapへ メールによる予約問い合わせ