ランニング障害

痛みがあるけど





ng

  
「違和感・強ばり・痛み」は、危険サイン
カラダにある高性能センサーが、カラダの異常を察知
したsosのサインです。
このサインに気づいているけど無視しているランナー
その内に治ると思っているランナー、誰でも痛みはあ
ると思っているランナーは、
一日でも早くこのからだ
からのサインに耳を傾けて行動を起こして下さい。


マラソンとは







他院との違い


ランニング障害改善率

ランニング障害の施術にこだわり21年、当院独自
の施術により、どこへ行っても回復しない故障で悩
み苦しんでいるランナーが全国各地から来院頂いて
います。
定期的な継続治療でより、多くのランナーがランニ
ング障害から解放され、笑顔を取り戻し、故障以前
より調子が良くなり、自己記録更新・上位入賞など
大変喜ばれ楽しく走り続けています。


旭化成元ランナー

院長旭化成時代9年間旭化成陸上部に在籍した中で、ランニング
障害はほぼ全部経験して来たと言って過言ではな
いあちこちを経験してきていますが、中でも長い
間悩まされ苦しみ引退原因となった、腰痛から座
骨神経痛・腰の椎間板ヘルニア、そして手術の経
験は、施術者として貴重な経験が、私の施術者と
しての原点となっています。
その経験を参考に、筋肉の血行不良に着目して、
鍼施術とスポーツマッサージを融合させた施術で、確実に改善回復させてい
ます。

オリンピックマラソントレーナー 
縁あって、旭化成陸上部の同僚で先輩後輩でもあ
る谷口選手(先輩)森下選手(後輩)両名が、バ
ルセロナオリンピック代表に決まった直後に、両
名のパーソナルトレーナーの依頼があり、光栄で
かつとても重大な仕事に、。私自身トレーナーと
しての初めての大舞台で不安もありましたが、元
同僚と言う事もあり、何とか好成績に尽力できれ
ばと望みました。

結果は、森下選手の大活躍で銀メダル、「こけち
ゃいました」で一躍時の人となった8位の谷口選
手で、男子マラソン歴史に残る結果となり、微力
ながら尽力できたこと誇りに思っています。
大会までの半年間一緒に行動を共にさせて頂き、
とても貴重な経験となり、治療家としての私自身の財産になっています。


開業21年4.2

マラソンで痛めたランニング障害の施術は、国内トップクラスと自負できる施術実績があります。
マラソン経験者だから分かるランニング障害、数々のトレーナー活動からの
経験からの施術、トレーニングメニューまで踏み込んだ原因究明をしながら
の当院独自の施術は、まさにランナーの最後の砦となっています。
北は北海道から九州まで、遠路から来院頂いており、諦めていたお悩みが回復し、多くのランナーに喜ばれています。

                                  
beforafter



驚き


  
S・Y 様   種目:トライアスロン
            極度の大腿四頭筋痛で来院し回復 
            ★自己記録42分18秒短縮 
   
○施術前  11時間51分17秒 全日本トライアスロン宮古島大会2010
○施術後  11時間08分59秒 全日本トライアスロン宮古島大会2011

--------------------------------------------------------------------------------

  三田麻利子 様 種目:フルマラソン
             ふくらはぎ痛で来院し回復
             ★自己記録9分31秒短縮

       
○施術前  3時間18分11秒 埼玉マラソン1999
○施術後  3時間08分40秒 名古屋ウイメンズマラソン2013

--------------------------------------------------------------------------------

  中村志織 様 種目:フルマラソン
            膝痛で来院し回復
            ★自己記録40分31秒短縮

○施術前  4時間38分00秒
○施術後  3時間57分29秒

--------------------------------------------------------------------------------

  高野信幸 様 種目:フルマラソン
            慢性疲労で来院し回復
            ★自己記録11分22秒短縮

○施術前 2時間54分26秒 かすみがうらマラソン2009
○施術後 2時間43分04秒 別府大分毎日マラソン2011

--------------------------------------------------------------------------------  
  池上貴良 様 種目:フルマラソン
            膝痛、足底痛で来院し回復
            ★5分27秒短縮  

○施術前 2時間39分00秒 太田原マラソン2012   
○施術後 2時間33分33秒 東京マラソン2013

--------------------------------------------------------------------------------

  田村嘉英 様 種目:ウルトラトレイル 
            ふくらはぎ痛で来院回復 
            ★初挑戦 見事完走(161km)

○施術前
○施術後 31時間56分   ウルトラトレイル・マウントフジ2013

--------------------------------------------------------------------------------  
                                  



○国内当院だけの復帰までのプラグラム
他院では、回復治癒で施術は終わりですが、回復した嬉しさや焦る気持ちを
抑えきれず、指示を無視し、急激なトレーニングで再発させるランナーがい
ます。

そこで、より安全で確実に復帰できないかと当院では考え、故障の痛みや不
安がなくなり、最も大切なトレーニング再開時期を見極め、『走る距離と走
るスピード・走る頻度や間隔』を細かく指示する、国内初の『ランニングプ
ログラム』と同時にサポートしています。

私の旭化成陸上部で走って来た経験・男子マラソンオリンピックトレーナー
の経験を生かし、『マラソンを知り尽くした国内最速施術者』が、
ランニング障害からの回復過程から復帰までのトレーニングメニューを指導
し、安全でかつ、確実にスタミナとスピードを取り戻し、多くのランナーが
完全復活しています。

○トレーニング法や必勝法を伝授
また、大会に向けての調整法や勝つための作戦や自己記録更新・完走目標な
どが達成できるトレーニングメニューもご相談をお受けしています。
国内では唯一当院だけのサポートとなり、故障し来院された多くのランナー
が完全復帰でき、その後、再発も少なく、自己記録の更新や成績の向上・初
マラソンで完走もでき大変喜ばれています。


ランナーへの思い

姫野重行マラソン写真私自身、競技ランナーとしてひたすら記録を追
い続けた時期がありましたが、様々なランニン
グ障害に苦しめられ、最終的に腰のヘルニアで
辞めました。
最近はマラソンがブームとなっていますが、こ
のブームの裏で、故障で悩み苦しんでいるラン
ナーが増えてきたのも事実でです。
マラソンに関する知識不足や勘違い、自己流に
よるトレーニングを行い『頑張り過ぎ』による
『疲労の蓄積』 が原因で故障に繋がっています。

 ○故障で走れず悩み苦しんでいる。
 
○何度も故障を繰り返している。
 
○色々な所で治療を受けているけど治らない。
 ○マラソンを知っている治療院を探している。


こんな悩み苦しんでいるランナーの為に、私自身が学んだ『旭化成陸上部の
マル秘トレーニング法』やマラソンのオリンピックトレーナー経験から、マ
ラソンの全てを知り尽くした『国内最速最強施術者』が、あなたのパートナ
ーとなり、故障から復活させマラソンの全てを伝授します。

必ずお力になれます。

 
○楽しく元気に走れるように復活させます。
 ○自己記録更新できます。
 ○完走できます。
 ○いつまでも大好きで楽しいランニングを続けられます。
                              
    



ランニング障害の原因

ランニング障害の原因 ○肉体的要因
生まれ備わった骨格・筋肉の異常が
要因となる
○環境要因
気候・路面・シューズの欠損が要因
となる
○トレーニング要因
トレーニングの強度・頻度・量が要
因となる


ランニングによる怪我は筋肉が原因

















ランニング障害起こし易い

姫野スポーツ治療院姫野重行マラソン写真○自己記録や順位が上位のランナー
○走行距離が多いランナー
○ビギナーランナー
○トレーニングに計画性がない
○大会に多く参加しているランナー


○自己記録や順位が上位のランナー
「もっと上の表彰台に上がりたい、ライバル
に勝ちたい、自己記録を更新したい、大会の
参加資格を取りたい」など目標を掲げ、色々
な情報を参考にして、量も質も今迄以上のト
レーニングを行います。
その努力の甲斐あって目標の達成ができ、達成感と満足感・喜びを得る事が
できます。上位にいるランナーは、ライバルが気になり、つい自分自身を見
失い、オーバートレーニング、オーバーユース(使い過ぎ)により、自身の
持っている能力の許容範囲を超える事が多く、身体からの危険サインとなる
違和感や張り、少しの痛みでは、トレーニングを休むことができず、痛くて走れなくなるまで我慢を繰り返えします。故障の程度は重く、圧倒的にエリ
ートランナーは故障頻度が高くなります。

○走行距離が多いランナー 
走るペースが遅くても、走行距離が長くなれば、自ずと身体への負担も大き
くなります。ランナー自身が自覚が無くても、知らず知らずに慢性疲労とな
り、故障の頻度が高くなります。

○ビギナーランナー
ビギナーランナーは、トレーニングの方法を知らず、自己流で無理してスピ
ードを上げたり、距離を伸ばしたりします。まだ走る筋肉ができていない身
体へのダメージがとても大きく、筋肉痛から故障に繋がります。
ビギナーの方は、段階を踏んで、走る為の身体作り筋肉作りが大切で、スピ
ードより、まず、距離を少しずつ伸ばして行く事が、安全でかつ効果的なト
レーニングとなり予防になります。

○トレーニングに計画性がない
トレーニングは、頑張り追い込んで走るハードな日と、身体の疲労を取り除
く為の休養日、となるイージーの日が1セットが、効率の良い故障の予防にもなるトレーニングになります。
旭化成では、1週間でおおよそ3〜4日が頑張るハードな日で、後の3〜4
日は疲労を回復させるための休養日でした。結果を出すには、頑張ったトレ
ーニングを生かす為に、いかに上手に休養できるかがカギとなります。
休養期間が長すぎると、頑張ったハードなトレーニング効果が薄らぎますの
で、休養をどれだけどのタイミングで取るかは、日頃のトレーニングで自身
に合ったタイミングを探すことが大切で、分からないようでしたらご相談下
さい。

○大会に参加が多いランナー
日頃のトレーニング環境ではできない距離走やスピード走を、大会を利用し
て行う方法は、時としてとても効果的です。きっちり大会としてコースは整
理され、給水やトイレの心配が無く、目標のタイムや距離をこなすことがで
き、大会の感覚や今現在の調子も掴めます。
ただ、大会は大会です。日頃のトレーニングとは違い、大会での雰囲気でア
ドレナリンが沢山出て気合いも入り、日頃以上に頑張れます。練習効果も上
がります。その分、疲労度も大きく身体に大きな負担となり、大きなダメー
ジも受けます。
この事をしっかり理解し、大会を利用する目的と、大会後の身体のケアをし
っかり行い、次に生かして行かなければなりません。
マラソンの楽しみ方考え方は色々ありますが、記録や成績を求めているランナーは、余裕のある大会の間隔を開け、目標を絞って集中したトレーニング
で、よりコンディションの良い状態が好記録を生みます。


ランニング障害の予防

姫野重行マラソン写真ランニング障害の予防は、原因を理解し、原
因と取りく事が最重要となります。

●肉体的要因
体重管理は故障予防にはとても大切な事で、
体重オーバーのランナーはまず、正常値に戻
すことが大切で、体重がオーバーは、重い荷
物をしょって走っているのと同じなので、そ
れだけ肉体に負荷がかかり、膝や腰などに故
障を起こし易くなります。

●環境要因
◇走路
アスファルト道やコンクリート道を使ったト
レーニング環境は、路面が土や芝生に比べる
と硬く、足腰などへの衝撃が大きくなり、故
障が起き易くなります。
また、タータントラックの走り過ぎも、路面
のゴムの反発により、アキレス腱を痛めやす
いので注意して下さい。

◇シューズ
ランニングは、ランニングにおいて最も大切な道具となり、唯一その道具と
なるシューズが、ランニング時の着地の衝撃を吸収し和らげ、筋肉や関節を
保護をし、故障の予防をしています。
古くなったシューズは、経年と共にソールのゴムなどが硬くなり、衝撃吸収
率が低下し、本来ある衝撃吸収ができなくなり、また、かかとの外側などが
すり減り長く使っていると、足首、膝、腰のバランスに歪が生じ、膝などの
障害を発生の原因になります。

◇トレーニング旭化成練習風景
記録更新・成績向上・上位入賞・完走目標・
体力作り・健康維持など、色々な目的でラン
ニングを楽しんでいると思います。
ただ、目的が違ってもトレーニングに対する
考え方は同じです。トレーニングの成果を出
すには、日頃の生活以上の負荷を身体に与え
ないと効果は望めず、軽くても疲労感や筋肉
痛があり、一時的に肉体的な機能は低下が望ましいです。
その低下した機能を回復させる為の時間が休養となり、休養後、回復する事
で、以前より機能が向上する。これを超回復と言います。このサイクル、ト
レーニングで身体にダメージを与え、そして機能が低下し、休養で機能が回
復し以前より機能が向上(超回復)がトレーニングの基本です。
施術で感じる事は、どうしても頑張る事ばかりに意識が行き、「ライバルが
どんなトレーニングしていた、走行距離をあんなに走っていた」など、周りの事ばかりが気になり、自分自身を見失い、オーバートレーニングになり、
故障しているランナーを多く診てきました。
強くなる、記録を更新する、成績をだしたいと頑張る事も大切ですが、個々
の許容範囲や能力に大きな差があるので、自分自身の能力に見合ったトレー
ニングと、段階的なトレーニングが、記録向上と故障の予防になります。

                                  

ランニング障害の種類

マラソンランニング障害◇足の裏の痛み(足底筋(腱)膜炎)
◇足の甲の痛み(中足骨疲労骨折)
◇アキレス腱痛
◇すねの内側の痛み(シンスプリント)
◇膝の外側に痛み腸脛靱帯炎
◇膝の内側の痛み鵞足炎(がそく)
◇膝のお皿の下の痛み膝蓋靱帯炎
◇膝に水が溜まる
◇腰の痛み腰痛
◇腰からお尻太ももの痛み座骨神経痛
◇殿部下の痛み座骨結節痛
◇殿部の痛み梨状筋症候群
◇全身疲労慢性疲労症候群

                                 
    
中足骨疲労骨折


中足骨の疲労骨折 硬い路面、オーバートレーニング、上り坂、古い
ショーズ、ソールが薄いシューズなど、ランニン
グ中に、中足骨辺りに大きな負荷がかかり、特に
二指三指の疲労骨折を起こし易いです。

○中足骨疲労骨折の症状
・中足骨部が赤く腫れ熱感がある。
・ゆっくり走っても響くように痛む。
・反ったり曲げたりで痛みを伴う。
・指を引っ張って痛む場合がある。

○予防と対策
・赤く腫れを見つけたら、早めに病院で確認して下
 さい。ただ、疲労骨折は、直ぐにはレントゲンに
 現れない場合もあるので、一度ではなく一ヶ月後
 にもう一度レントゲンを撮ってみると現れる事が
 良くあります。その事を考えるとMRI検査ができ
 る病院の方が診断は早いです。
・回復に数ヶ月かかる場合もありますが必ず治ります。
・トレーニングでのランニングは中止し、腫れが引くまではアイシングをし
  て下さい。
・体力維持のために、上半身のもの筋トレは大丈夫ですが足に負荷がかかる
 トレーニングは控えて下さい。

当院では、休みながら鍼施術を定期的に行います。症状の回復を診ながら、
ウォーキ ング、速歩、ゆっくりジョギング、ランニングと段階的にアドバ
イスをし、確実に回復させて行きます。


                                  
アキレス腱痛


アキレス腱痛急激なダッシュやオーバートレーニングが原因で、微
細な腱の断裂で、痛みが出ます。また、膝や足関節な
どの歪み、かかとのすり減ったシューズで引っ張りや
ひねりが加わり痛みが出る場合もあります。
アキレス腱は血管が少ないので、修復再生に時間を要
し、無理しすぎて悪化すると治りが非常に悪いです。
ここの痛みが長引くと、炎症からその部分が骨化して
行き、腫れコブのような硬い固まりが出来てきます。
ここまで悪化すると、完治は難しく、この痛みとお付
き合いしながらのランニングになりますので、早期の
完治と、再発予防に全力で取り組んで欲しいです。

○アキレス腱周囲炎の症状
・アキレス腱に痛みや腫れ、赤みがある。
・初期では、走り始めは痛むが徐々に痛みが消える。
・伸ばす、縮める動きで痛む。
・腱を挟むようにつまむと痛む。
・腱にリング状に腫れコブができている。(重症)

○予防と対策
・トレーニングを中止する勇気があれば回復も早く、アキレス腱に修復、再
 生する時間を与えます。
・痛みや熱感がある場合はアイシングを行う。
・痛みがある時にはふくらはぎのストレッチは行わない。
・トレーニング計画をきちんと管理し、オーバートレーニングを避け、休養
 もしっかり取りましょう。
・ふくらはぎが最も関係する筋肉なので、日頃から疲労を溜めにようにし、
 十分なストレッチで柔軟性を常に確保して下さい。
・ある程度回復するまではスピードは控えて下さい。
・上り下りでのトレーニングは控えて下さい。
・トレーニング後は必ずアイシング。

当院では、休みながら鍼施術を定期的に行います。症状の回復を診ながら、
ウォーキング、速歩、ゆっくりジョギング、ランニングと段階的にアドバイ
スと指示をし、回復させて行きます。期間は足底腱膜炎同様に、数週間から
数ヶ月、中には再発を繰り返し数年かかったランナーもいます。早期の回復
には、こちらの指示通りにトレーニングして頂く事が絶対的条件とな、腱と
名の付くところは回復に非常に時間がかかります。


シンスプリント


シンスプリント初心者病とも言われ、初心者や中学から高校、高校か
ら大学、大学から実業団と環境が変わり、急激にトレ
ーニングの量と質が高くなり起きやすく、また、硬い
路面やアップダウンの多いコース、古くなったクッシ
ョン性の低いシューズ、薄いシューズ、柔軟性不足、
扁平足でも起きます。
疲労性骨膜炎と言われており、まさに疲労により骨の
膜の炎症で、酷くなるとズキズキと響くように痛み、
ランニング困難になります。ここにある脛骨、すねの
骨とその裏側を後脛骨筋とヒラメ筋が通り、これらの
筋肉が過労により炎症を起こし、やがて脛骨骨膜にも
負荷がかかり炎症を起こし痛みが強くなります。更に
進行すると疲労骨折にまで移行することがあります。

○シンスプリントの症状
・脛骨、すねの骨の内側した1/3辺りに痛みが強く
 腫れや熱感がある場合もあります。
・つま先立ちや膝の屈伸運動で痛みが増すことがあり
 ます。

○予防と対策
・練習を出来るだけ控え、厚さのあるシューズやクッション性のいいシュー
 ズ、新しいシューズを履いて下さい。ただ、経験から数ヶ月休んでも痛み
 が変わらない、押すと痛みがある場合もあります。
・普段からレースシューズを頻繁に履かない。(ソールが薄い為にクッショ
 ン性が低く衝撃吸収率が低くなる)
・休養日、軽めのトレーニングの時には、出来るだけ柔らかな走路や、迷惑
 がかからない場所があれば逆走も効果的です。

当院では、休みながら鍼施術を定期的に行います。症状の回復を診ながら、
ウォーキング、速歩、ゆっくりジョギング、ランニングと段階的にアドバイ
スをし進めて行きます。  



ランニング障害 ランニング障害

◇膝の外側に痛み(腸脛靱帯炎)
◇膝の内側の痛み(鵞足炎(がそく))
◇膝のお皿の下の痛み(膝蓋靱帯炎)
◇膝に水が溜まる
◇腰の痛み腰痛
◇腰からお尻太ももの痛み座骨神経痛
◇殿部下の痛み(座骨結節痛)
◇殿部の痛み(梨状筋症候群)
◇全身疲労
慢性疲労症候群
 

マラソン雑誌ランナーズ連載記事 マラソン雑誌ランナーズ連載記事











                                  


キャンペーン           

電話メールでのご予約

   ホーム 診療案内 院長プロフィール 開業の思い 患者様の声 施術料
   良くある質問 アクセス お問い合わせ

メールによる予約問い合わせ