首肩コリ

肩こり僧帽筋首肩コリは、首から肩にかけての僧帽筋を始め
多くの筋肉が重い頭(約4〜5K)を支え、デス
クワーク、スマホ、パソコンなど、長時間の同
じ姿勢が筋肉が疲労し血行不良となり、疲労物
質の乳酸が溜まり、長時間続くことで筋肉がこ
わばり、痛みや硬いコリが生じ、これが首肩の
コリになります。多くは筋肉疲労が原因です。

●原 因
○姿勢
デスクワークやパソコン、スマホなどの操作
では、長い時間同じ姿勢による前傾で重い頭
を支えているデスクワークので、首や肩にかけての僧帽筋
や関連する筋肉が疲労し、血行不良から乳酸
が溜まりこわばりや痛み コリになります。

○ストレス
お仕事や人間関係での悩み、性格的に完璧主
義者や几帳面、真面目、神経質、心配性の方
は、ストレスに対し過剰に反応し、自律神経
のバランスが壊れ、筋肉が緊張するので血行
障害を起こしコリに繋がります。

○ストレートネック
本来首は、前方に緩やかなカーブを描くよう首肩コリ
に湾曲になっている状態が正常ですがスマホ
やパソコンなどの、不自然な姿勢を長時間続
ける事により、筋肉疲労が起き、その影響で
正常なカーブがなくなり、文字通りストレー
ト、頚椎(首の骨)が真っ直ぐな状態になり
重い頭を支えるためにとても大きな負荷がか
かり、こわばりや痛みやコリを発症します。
また、背中が丸くなる猫背の方も発症しやすい傾向があります。特に女性の
発生頻度が高く、スマホなどでのうつむき加減で頭を支える筋肉が、男性よ
り劣っているからです。

○目の疲れ
日々細かな作業やスマホなど、目を酷使しピントを合わせる作業で調整機能
が疲労し、その影響で後頭部や首、肩のコリに繋がります。

○冷え
冬など気温の低い環境下では、体温維持の為に防衛反応で肩に力が入り、ま
た、洋服が厚くなるので重くなり肩への負担が大きくなります。夏場の冷房
の効き過ぎた場所でも、肩に力が入り自律神経が乱れ、緊張やコリが生じま
す。

○その他
・頚椎椎間板ヘルニア 
骨のと骨の間にある椎間板が狭くなったり潰れることで、神経が刺激され、
首や肩にこわばりやコリ、痛みが生じ、腕や手に違和感やしびれ、握力低下
などが起きます。

・変形性頚椎症
加齢や激しいスポーツで頚椎が変形し、神経などを刺激する事になり、コリ
や痛みしびれが起きることがあります。

・五十肩
肩関節周りの炎症で、動かす事で激痛が走りますが、その動きに関連する筋
肉に異常が起き、首や肩のコリやこわばりにつながります。

・むち打ち
過去に追突事故や接触のあるスポーツなどで、むち打ち症と診断された方の
発生頻度は高く、首の筋肉や靱帯などを損傷を受けた後遺症です。
症状によっては、受傷後数年経って発症する事もあり、回復に時間を要する
場合があります。

・腫瘍
夜間痛や手のしびれ、めまい、施術しても痛みが変わらない場合は、腫瘍の
疑いがあるので、病院への検査をお願いしています。

●対 策
首肩コリは、筋肉が疲労し乳酸が溜まり痛みやコリが起きるので、疲労させ
ないように、意識して長時間の同じ姿勢や同じ動きをする場合には、休憩を
入れ、体操やストレッチで筋肉を伸ばすなどをし動かしましょう。

・姿勢
デスクワークなど、同じ姿勢を一時間以上続けないように意識して休憩、も
しくは 姿勢を変える。
・ストレートネック
スマホ、デスクワークなど、うつむき加減での姿勢は一時間以上同じ姿勢は
出来るだけ避け、途中休憩をできる限り取るよう心がけて下さい。



キャンペーン










           電話メールでのご予約

   ホーム 診療案内 院長プロフィール 開業の思い 患者様の声 施術料
   良くある質問 アクセス お問い合わせ

googlemapへ メールによる予約問い合わせ